安全への取り組み

【第1回】安全への取り組み

2009年1月安全への取り組み

製造T課 主任補 湯本太志

 当社は、2006年11月から従来の「安全衛生委員会」を更に活性化させるため、月に2回の会議を行い、年度、月度の活動目標を決めたり、安全衛生パトロールを行い、危険箇所を発見し、改善を促し、社内全体の安全に対する意識の向上をはかり、将来は会社全体を社員全員が快適に過ごせ、働きやすい職場にしていこうと考えております。

月に一度、各課から選任された安全衛生委員が集まり、活動目標やその月のコンセプトにそって社内を巡回し、どんな危険が潜んでいるか、なにが足りないかなどを見て回り、職場の危険をつみとっています。

安全衛生パトロール後に会議を行い、その月の活動目標、危険箇所や改善箇所を掲載してレポートにまとめ、各課の会議で発表しています。また、掲示板にピックアップしたものを掲載して、社員が目を通すところに掲示し、社員への周知と意識の共有をしています。

安全衛生の活動が評価され、2007年4月に都道府県労働局長より、「快適職場推進計画認定事業場」を認定されました。

 今後も安全衛生活動を続けていき、社内全体へ安全に対しての意識の向上、共有し、社員が自主的にKY活動などを出来るような環境や、リスクアセスメントの導入を目指し、会社の為、自分の為により良い職場へと変えて行きたいと思います。